二刀流時のストアTP

二刀流時のストアTP に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

コメントにてご質問頂いたことへのお返事です。
あまりにも長くなりそうなので新たにエントリーにしてみました。

というわけで、本日は二刀流の時のストアTPについてです。

基本事項。
・基礎得TP計算式: 
 [5.0+(間隔-180)×6.5/270]  大かっこの中は小数点第一以下切捨て(以降も同様)
・STP計算:STP値yyとすると
  [基礎得TP×1.yy]

ここまでは両手も片手も同じです。
二刀流時に特別に考慮しなければいけない事があるというお話。
まず、二刀流の時のTP計算式は
メイン武器とサブ武器の間隔を合計して2で割り、
二刀流係数を掛けて端数を切り捨てた物を片手の間隔として扱います。

「片手斧間隔276と288」の組み合わせの場合。
通常 (276+288)×0.8÷2=225→基礎得TP6.0
    STP6の場合、[6.0×1.06]=6.3
    STP7の場合、[6.0×1.07]=6.4
WS時(276+288)×0.85÷2=239→基礎得TP6.4
 ※WS時は素破を外す
    WS時得TP(6.4×2+1.0×4)
    STP6の場合(6.7×2+1.0×4)
    STP7の場合(6.8×2+1.0×4)
ベストな組み合わせ、通常【7】WS【6】の場合
 6.4×13+(6.7×2+1.0×4)=100.6 でランペフルヒット時はWS間13振り
通常【6】WS【6】にすると
 6.3×13+(6.7×2+1.0×4)=99.3 となるのでもう1ヒット必要
マンイ/ジャガのような276+288の組み合わせの場合通常時は【STP7】がおすすめ
というのが以前のエントリーで書いた内容でした。
通常時【7】はラジャス・ブルタルに剣侠かエクフォリアを使うのが一般的でしょう。
ランページ6ヒット前提なので毎回WS間13HITでTP100になるわけではありませんが
戦士の場合、多くの人がラジャスブルタルのSTP6は付けたままになっていると思うので
そこからほとんど他のステータスを犠牲にせずにSTPを1増やすことは容易と判断して
通常時【7】をオススメとしています。


また、
13ヒットというのは二刀流で2回攻撃1ターンで考えると7ターン必要ではないか? 
という疑問について
13ヒット目でTP100になっていてもすぐに左手で14ヒット目を与えられるならば、
13ヒット目でTPが100になる意味は殆ど無くなることになりますからこの疑問は当然です。
しかし、
命中率のキャップが95%であること
13回と必要ヒット数が多いこと
などを考慮しなければいけません。


13ヒット目が自分の攻撃ターンの最後になる場合、
その時点でTP100になっていればすぐにWSを撃つことができますが、
TP99の場合には次の攻撃までまたなければいけません。
この確率を計算してみると
「13ヒット目が左手武器ヒット」で終わる確率と
「13ヒット目が右手武器ヒットかつ左手武器がミス」の確率を合計する値になります
例えば
14回連続で攻撃があたる確率は
0.95の14乗ですから約48.8% →この時はストアTPの意味無し
14回の攻撃のうち、1回ミスが出る確率は
14C1×(0.05)×(0.95)^13=約36% →この時ストアTPのおかげで早くWSが撃てる
以下同様にしてミス2回の時、3回の時と確率を計算して合算していくと
命中率95%の場合、
約40%の確率でストアTPのおかげで早くWSが撃てるケースがある
ということがわかります。
余談ですが、この割合は命中率が低下すると大きくなります。
(メリポ等では命中率が下がってるならストアTPより命中を気にしろという話になりますがw)
WSが速く撃てるケースではその差1ターン分の間隔になるので
WS間13ヒットと14ヒットでは約40%の確率で間隔1ターン分の差がつくことになります
40%×1ターン=0.4ターン ですから
若干大雑把に言えば半分。つまり片手分の短縮値に近く
二刀流だからといってターン数で判断する意味は殆ど無いという事がわかります。


ここで、ご質問のあった「片手斧間隔276と288」の素破無しを計算してみます
通常 (276+288)×0.85÷2=239→基礎得TP6.4
    STP6の場合、[6.4×1.06]=6.7
    STP7の場合、[6.4×1.07]=6.8
    STP8の場合、[6.4×1.08]=6.9
    STP10の場合、[6.4×1.1]=7.0
WS時(276+288)×0.85÷2=239→基礎得TP6.4 
    WS時得TP(6.4×2+1.0×4)
    STP6の場合(6.7×2+1.0×4)
    STP7の場合(6.8×2+1.0×4)

WS時の装備は従来のまま、通常時のストアTPを弄るとすると
通常【8】WS【6】で
6.9×12+(6.7×2+1.0×4)=100.2 (WSフルヒット前提)
通常【10】WS【6】で
7.0×12+(6.7×2+1.0×4)=101.4 (WS1ヒット余裕あり)
通常【11】WS【6】で
7.1×12+(6.7×2+1.0×4)=102.6 (WS2ヒット余裕あり)
という感じになります。
命中率を95%とすると得TPが1.0の部分が
フルヒットする確率は約81.45%→約18.5%はTPが不足
1ヒット余裕ありなら 約98.59%→約1.4%はTPが不足
2ヒット余裕ありなら 約99.95%→約0.05%はTPが不足
冒頭の素破有り通常【7】WS【6】から
耳装備をアッティラに変更でSTP8になります
それ以外のSTP装備は同じ物を利用できるので
ストアTP装備による命中の低下は同等の物として無視することにします。


12ヒットでWS使用可能だとすると
必要な攻撃回数の平均は12÷0.95=12.63
239×12.63=3018 ごとにWS可能になります
素破あり13ヒットでは 平均13.68
225×13.68=3078 ごとにWS可能。


【素破無し】
(通常12HIT+WS)/3018
【素破有り】
(通常13HIT+WS)/3078

【有り】<【無し】と仮定して式を置くと
    (通常×13+WS)/3078<(通常×12+WS)/3018
解いて
          2298通常<60WS
辺々60で割って 38.3通常<WS
WSが通常の38.3倍より大きい時【有り】<【無し】となるようです
通常平均とWS平均を比較してもせいぜい10倍程度でしょうから
メリポなどではやはり素破有りのほうが良いようです。
WSだけ特別にダメージが伸びるような敵や
通常攻撃だけ1/10になるような敵がいる時には「素破外し」も有りかもですね~


ベトコンさま、以上の様な感じで如何でしょうか?

CM
アインシュタインの脳・集中力をつけるCD
セキュリティーソフトのトレンドマイクロ・オンラインショップ
人気ブログバーナー
↑オンラインゲームブログランキング参加中

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
記事に目を通させていただきました。
ここまで丁寧にお返事いただけるとは。。。恐縮です(汗      

あとは根本的にTP計算間違っていましたもっと調べておくべきでした御免なさいv-12

やはり両手とは違い、振り数での期待値は違った感じになるんですね~。

まさかここまで素破アリアシでの差が あるとは。。

素破の上を行くのが極限られた状況でしかないとのことで。

いかに素破の性能がいいかと改めて思い知らされますた!

本当にお返事ありがとうございました、これからもブログ楽しみにしていますがんばってください!!


      
2009/09/16(水) 17:07 | URL | ベトコン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ffxiwar.blog91.fc2.com/tb.php/377-d45d77b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。