両手斧とストアTPの関係:改

両手斧とストアTPの関係:改 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

両手斧とストアTPの関係は以前にも一度記事にしていますが、
20090721ver.upにて追加されたグリップ
ローズストラップ ストアTP+4 Lv60~ All jobs』
の登場により状況が大きく変化しています。

当時存在していなかったホワイトタスラムやオーラム胴も加わって出てきた
6振り戦士のお話。
まず大前提として
・得TPの計算式
Studio Gobli-TP計算式
これを用いて基礎得TPを計算(小数点第一位までで切り捨て)
例)間隔504の両手斧の場合、
 504:13.0+(504-480)*1.5/50=13.7
ソードストラップを使用する場合、端数は切り捨てで
 504×(1-0.03)≒488
 488:13.0+(488-480)*1.5/50=13.2

・ストアTPの計算式は、ストアTP値xxの場合
[基礎得TP]*1.xx=得TP (小数点第一位までで切り捨て)
例)ストアTP+6 間隔504の両手斧ソードストラップ未使用
13.7×1.06=14.5

・多段WSの得TPは2ヒット目以降1(ストアTPの影響は受ける)
つまり、STP10~19の時1.1
     STP20~29の時1.2
ここまでがTP計算に関する基本事項。
詳しくは以前に書いた記事をどうぞ。

TP0~TP100までに必要なHIT数はTP100を得TPで割ると求められるので
100÷13.7=7.299…となり
ストアTP0の時は8回攻撃があたらないとWSが打てない。
ストアTP5になると 得TP=13.7×1.05=14.385なので
14.3×7=100.1と 7ヒットでTP100に到達でき、その分WSを多く打てます。
ラジャスリングが両手斧にとってどれだけ使い勝手良いかわりますw
また、WS時にも得TPがあるのでWS後は基本的に一振り少ない回数で
次のWS用のTPが貯まることになります。

今回は、追加実装されたローズストラップを使用して
WS間5振りを目指すというお話。

そもそもWS間の振り数を1つ減らすことにはどの程度の効果を期待できるか?
WS間6振りで100回WSを撃てるとすると
単純計算をすれば通常攻撃は600回
これがWS間5振りになれば同じ600回の通常攻撃でWSを120回も打ててしまう
つまりWS回数が1.2倍になるのでWS総ダメージが1.2倍になるような効果を生む
両手斧戦士の場合TP即打ちで集中していればWSダメージの比率は45%前後。
つまり、総ダメになおして約9%ほどダメージの増加が期待できる
もちろんこれは理想的に効果があった場合のダメージ増加量で、
実際には中の人の反応の遅れやダブルアタックの関係で
どうしてもTPが余剰になるケースが出てきたり、
ストアTP装備に切り替えることによって通常、WSのダメージがさがったりするので
総ダメージの9%というところまで大きな効果は期待できない。
逆に言えば9%ダメージを落とさずに振り数を減らせられるならば
振り数を減らした方が総ダメージは多くなるといえる。
(7振り時のWSダメと通常ダメの比率はrepを参照した概算です。)


WS間5振りにということはレイグラorキングを使用することを考えても
ストアTP19以上が必要。
ストアTP19の時
 通常:13.7×1.19=16.303
  WS:16.3+1.1+1.1=18.5 
合計:16.3×5+18.5=100.0
合計TPが100.0ジャストなのでWS時にもストアTPを1たりとも削れない
また、WS時多段部分が2回ともあたってくれないとTPが足りないので
命中率を95%確保したとしても全体の10%程度はTPが98で止まる。

現状戦士が装備できるストアTP装備は(実用的な物のみ)
グリップ:ローズストラップ[4]
投てき:ホワイトタスラム[2]
首:剣侠の首鎖[1]
首:カラパスゴルゲット[最大2](石夢黄玉のカギ)
首:オリアトネックレス[最大3](モグ祭り紅珊瑚)
胴:オーラムキュイラス[7]
胴:アスカルコラジン[5]
胴:ヌエボコセレーテ[4](石夢クリア報酬
頭:ナイトの兜[4](モグ祭りクリア報酬
背:仙道の外套[1]
耳:ブルタルピアス[1]
耳:アッティラピアス[1]
指:ラジャスリング[5]
指:エクフォリアリング[1]
食事:カルボナーラ[6]
食事:アラビアータ[6]
サポ:サポ侍Lv30[15]

昔に比べると随分増えていて
無理をすれば合計ストアTP50までもっていけないことも無いわけです。
サポ忍を基準に考えると

WS間6振りが達成できる通常時とWS時のストアTPの組み合わせは(クリックで拡大版)
WS間5振りサムネ
色の塗り分けは
灰:WS間5振り不可
赤:WS初段+2ヒット以上でWS間5振り
黄:WS初段+1ヒット以上でWS間5振り
青:WS初段ヒットでWS間5振り=単発WS使用可能

赤のゾーンではレイグラ(キングズ)の2段目、3段目が両方ヒットして初めて
ストアTP装備が生きてくる。
その確率は命中率95%の時、0.95×0.95=0.9025
黄のゾーンではレイグラの2段目 3段目どちらかが当たればよい。
両方外れる確率は0.05×0.05=0.0025である。

つまり、
赤のゾーンの場合命中率95%の時、約10%の確率で
黄のゾーンの場合命中率95%の時、0.25%の確率で
ストアTP装備にしている意味がなくなってしまう。(WS間5振りでは到達できない)

ラジャス[5]ブルタル[1]とローズストラップ[4]は装備変更しないとして+10
オラーム胴[7]アッティラ[1]エクフォリア[1]が命中の損失が一番小さい組み合わせ
これでやっと19。
黄色ゾーンに入るには通常20以上にするしかないので
ボムレorボム魂→ホワイトタスラムの変更で攻-12(攻-6命-6)
クジャク→剣侠で命-5 STR+3
剣侠で調整する場合WS時にストアTP23が必要(つまり+4のモグ祭り頭)
ホワイトタスラム使用の場合はWS時ストアTP20で○

赤ゾーンから黄ゾーンへ移行する時の損失が約10%分の効果に見合うかどうか
黄から青へはどうか
黄色と赤のWS回数の差は最大で2%
モグ頭で無理やりストアTP増やして黄ゾーンに入れるくらいなら
赤ゾーンのままモグ頭にWSダメージアップ2%を付けておいた方が
ストアTPを気にしない場面でも役に立って良さそうです。

どんなに効果を大きく見積もっても全体の9%程度で
ソードを外すデメリットなどを考えると
オーラム胴が無い人は無理して5振りにしても強くなりそうにありませんね(゜ー゜;)
オーラム胴無しで+19になるには
アスカル[5]ホワイト[2]アッティラ[1]エクフォリア[1]
WS時にゴルゲを使うとしたらこの装備でかっつかつですね…

サポ侍リタリエーション使えるところでは面白いのでしょうけど
ヒルブレメリポ最近みなくなっちゃったしなぁぁ

CM
アインシュタインの脳・集中力をつけるCD
セキュリティーソフトのトレンドマイクロ・オンラインショップ
人気ブログバーナー
↑オンラインゲームブログランキング参加中

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
初めまして、興味深く拝見させていただきました。記事の中で少し気になる点があったのでコメントを。

>中の人の反応の遅れやダブルアタックの関係でどうしてもTPが余剰になるケースが出てきたり

↑この部分。
@1振りでDA発動、余剰TP発生は5振りも6振りも同じですね。そして中の人の反応の遅れは、前者以上に関係ないと思います。

そして指をエクフォリアにするのは命中が足りない時だけで、通常はアッティラ使用のSTP21キープ、指はブリッツでヘイスト維持が普通かと。

ピザ食な以上、アグ入れても明らかに命中が足りない敵が出てきて場合はその時だけSTPを捨てて命中着替えにもできますね。もちろんオーラム必須ですが・・・チューンをきっちりすれば肉食戦士に匹敵する可能性を秘めていると思います。
2009/08/14(金) 23:25 | URL | ナナシ #t50BOgd.[ 編集]
>>ナナシさま
いらっしゃいませ
コメントありがとうございます


まず、DAによる余剰TPの影響についてですね。
WS間6振りから5振りになるときの理論的なWS回数増加値数は1.2倍です。
これは6÷5=1.2で求める理論値です。
DA率20%になると ダブルアタックによってTPが余剰になるケースが出てきて
6振りの時も5振りの時も余剰になる可能性はあるのですが、
大まかに言うとWS1回につき0.5振りぐらいのロスになるため
攻撃回数当たりのWS回数が多い5振りの方がその影響を大きく受けます。
故にWS回数を1.2倍より下方に見積もる要因になります。


また、TP即打ちに対しての中の人の反応についても
WSの頻度が上がれば精度が落ちてしまうのはいたしかたないことと捉えています。
repをご覧になるとわかると思いますが、現状の6振りセッティングで相当集中してやってWS回数/通常回数が6.5を切るのは難しいでしょう。
これが5振りにセットになった時にロスの割合を同程度に抑えられるかという問題です。
中には出来る人もいるとは思いますけどね…
現状WSを打つ時には着替えと戻しで3つ以上のマクロを操作する人がほとんどでしょうから
WS頻度が上がればロスが増えるのは当然と捉えています。

>通常はアッティラ使用のSTP21キープ
この部分は
剣侠[1]・タスラム[2]・アッティラ[1]オーラム[7]の21セッティングのことですね。
ホワイトタスラムが既にあって且つ命中が潤沢ならこれでよろしいかと思います。
結局のところ
剣侠+ブリッツ「命+5 STR+3 STP+1 ヘイスト1%」と
クジャクエクフォ「命+14 STP+1」の比較になるので
命中+9とヘイスト1%の有効な方を使えば良いのではないでしょうか
種族やメリポ振りによって当然に変わってくることだと思いますが、
青マムやりゅーさんでも命中415くらいは欲しいですしブリッツつける余裕がある人も少なそうに思います。

また、この部分では実はホワイトタスラムの供給の問題を考えていました。
今までホワイトタスラムはブラビューラ持ちでもなければ有効に使う事の出来ない装備でしたからあまり値段も上っていませんが、
供給量の多い物ではないので、タスラムをもってない人が今後入手するのは難しくなるかと思い、タスラム有り無しのセットを分けてあります。


今後5振りで最適化した戦士が活躍する可能性は十分有ると思います。
ただ、メリポで使うには装備の敷居は決して低くないというのが実情ですね…(;´ρ`)
STPを捨てて命中着替えに直した時に
元々の6振り装備よりもグリップ分弱くなるので本当に奥の手といった感じにしたいですねぇ
できればそんな敵が居ないのが理想ですがシーフはもうどうしようもない∩( ・ω・)∩


パスタを食べてお試し5振りで遊ぶのも含め、
色分けした表だけでも参考にして多くの方が快適な5振り生活を送って頂ければなぁ~
というのがこのエントリーの趣旨でございますので
少しでも興味を持って見て頂けたのなら幸いです。
2009/08/15(土) 02:52 | URL | R-type #UuvXpI/I[ 編集]
クロス表について
通常時22のWS時13のところですが、
計算あってますでしょうか?
5振り分が、13.7x1.22x5=83.5
WS分が、13.7x1.13 + 1.1 =16.5
合計で、ぴったり100では?
端数は全部切り捨てではないのでしょうか?
2009/09/15(火) 15:18 | URL | hoge #sqCyeZqA[ 編集]
>>hoge #sqCyeZqA さま
コメントありがとうございます。
WS分はWS3ヒット時のTPを想定していますので
WS分13.7x1.13 + 1.1×2 =17.6
という形で計算あうとおもいますが如何でしょうか?
端数は全て切り捨てで間違っていないと思います。
2009/09/15(火) 16:37 | URL | R-type #UuvXpI/I[ 編集]
納得しました。
見方を間違えていました。
お返事ありがとうございます。
2009/09/16(水) 11:00 | URL | hoge #sqCyeZqA[ 編集]
(´ω`)ノ

6振り試したけど難しいわー
面白いんだけどね(*゜ー゜)

2時間でリ持ちより1.3倍WS撃てた驚きの結果('Д')
2009/09/18(金) 06:53 | URL | Sinya #isDShcbw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ffxiwar.blog91.fc2.com/tb.php/373-7d74902b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。