【TP100】パワスラ【まとめ】

【TP100】パワスラ【まとめ】 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

WSのTPクリティカル修正の形が加算なのか乗算なのかを知る旅
としてはじめたパワスラ行脚のTP100DEX-AGI差+10のデータを集計。

つまり、通常時クリ率下限に近いぐらいの状態のTP100の時を想定。
今のところクリ率にはLv差補正が利いていないと仮定。
データを取った時の記事はこちら
パワスラ行脚 テリガン三日目
【生データ】パワスラ・テリガン二日目
【生データ】パワスラ@テリガン
まずドレがクリティカルであったかの判別は
下の図のような範囲のダメージをクリティカルとしてカウントしました。
WSDは106~107
パワスラTP100,DEXAGI差10ver

シザガ発生時にはWSD丁度ぐらいのダメージはクリティカルに算入。
分布からみての判断・・・
でも非クリ時の最大とみるべきなのだろうか・・・?
どのレベルの敵も固定D下側付近の分布が非連続的なので
クリティカルとしてカウントしました。
分布的に見て微妙な物は除外。

合計 クリティカル191回
    通常攻撃  117回
   有効サンプル 308
総クリ率   62.01% 95%信頼区間±5.42%

今回は敵AGI42~44に対して自DEXを50前後に調整して検証したものなので
メリポでCRT+4%してあるので素のCRT率が14%ぐらいであったと想定して
TP100でクリ率+40%ぐらいである可能性が高くなってきました。

データは少ないですがロンフォの検証を見る限り
素のクリティカル率の数倍の差がつくことはなさそうです。
もし、TP100の修正が素CRT×4とかの修正であれば
DEXブースト時に大きな差となって現れるはずです。
通常時のクリティカル率にTP修正が加算される計算であれば
ランペの装備検討にも影響を与えてきそうな予感がします。
若干STR装備の評価が高まることになりそう



ここでひとつ気になる点は

クリティカル発生時の攻防関数は+1.0ではないかもしれない

クリティカルの下限が150付近にきているのですが
これがWSDを基準にすると1.41倍前後
コレに対して 通常時の下端は43で、この付近の分布ははるかに少ない
なのでもしかしたらクリティカル発生時に関数+1ではないのかもしれません。
クリティカル発生時は最低1.0保障で何らかの係数倍とかそんなかんじでしょうか
攻防比+1.0とも違う感じがします

注)1,41倍が通常ダメージである可能性は、
非クリティカル時の分布が固定D以下かなり下までひろがっていることから
否定されてると考えています。

repで通常とクリティカルのダメージデータ大量に持ってる人が居たら
ちょっと値域をチェックしてみるとおもしろいかもしれません。

とりあえず次回以降のパワスラ行脚はマーシャルで
DEX-AGI+10のデータを収集する予定です。

その後、DEX-AGI+60のTP100データとマーシャルデータの予定
先は長い。。


どうでもいいけどテーブル挿入するとおもいっきり空白あいちゃうのナンデダロ
駐:自己解決。テーブルタグの中に含まれる改行の数の分だけ空白があいちゃう模様。
  エディター機能をoffにして該当箇所の改行を削除したら普通にテーブル挿入できますた。


CM
アインシュタインの脳・集中力をつけるCD
セキュリティーソフトのトレンドマイクロ・オンラインショップ
人気ブログバーナー
↑オンラインゲームブログランキング参加中

[RSS]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ffxiwar.blog91.fc2.com/tb.php/25-9dd67379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。